ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康福祉課 > 町内で新型コロナウイルス感染症患者が発生しました【1月7日:1例目】

町内で新型コロナウイルス感染症患者が発生しました【1月7日:1例目】

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年1月7日更新

本日、福島県から情報提供があり、県衛生研究所が行った新型コロナウイルス検査の結果、陽性となった患者が確認されました。

町民の皆さまにおかれましては、正確な情報に基づき、落ち着いて行動していただくとともに、日常的な予防である咳エチケットや手洗いの徹底をお願いします。

1例目患者の概要(1月7日発表) 

  1 年 代 : 20代

  2 性 別 : 女性

  3 居住地 : 小野町

  4 症状及び経過

    1月4日(月) 関節痛、咽頭痛、鼻水あり。

    1月5日(火) 発熱、咽頭痛、鼻水あり。医療機関を受診し、検体採取。

    1月6日(水) PCR検査の結果、陽性判明。

  5 状態 : 軽症。入院予定。

  6 濃厚接触者 : 同居家族、職場関係。その他調査中。

感染者の公表は、感染者や濃厚接触者に対して不当な差別および偏見が生じないように、個人情報の保護に注意して行っております。

町長からのメッセージ

本日、福島県から情報提供があり、新型コロナウイルス感染症に係るPCR検査の結果、小野町内において陽性となった患者が確認されました。

町内で新型コロナウイルス感染症患者の発生が確認されたのは、1例目となります。り患された方に対し、謹んでお見舞い申し上げますとともに一日も早いご回復をお祈り申し上げます。

あらためて、町民の皆さんにお願いがあります。

(1)感染症に関する人権への配慮についてのお願い

新型コロナウイルス感染症について、インターネットやSNSなどで、感染した方や関係者などに対する誹謗中傷する内容や、事実と異なる情報が見受けられます。

このような情報が拡散されることで、不当な差別や偏見、風評被害などに発展するケースも出てきています。

国や県、町などの公共機関が発信する正確な情報をご確認いただき、人権に配慮した冷静な行動をしていただくようお願いします。

(2)基本的な感染症対策の徹底

咳エチケットやこまめな手洗いの徹底など基本的な感染防止対策と密閉空間、密集場所、密接場面の3つの密を避ける行動をお願いいたします。

町民の皆さん一人ひとりのこうした努力が、地域医療の崩壊を防ぎ、自分や大切な人、そしてふるさと小野町を守ることにつながりますので、感染拡大防止のため、緊張感を持った行動をとられるよう改めて強くお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症につきましては、国内外を問わず、日々感染例が報告されております。

国からの情報によると、感染経路不明の患者数が継続的に増加し、全国に拡大すると、どこかの地域を発端として、爆発的な感染拡大を伴う大規模な流行につながりかねない状況にあるとされており、予断を許さない状況がしばらく続くと想定されます。

今後も、緊急の対応や難しい判断を迫られる場面が予想されますが、引き続き、最新の情報をホームページ等で情報提供するとともに、感染症予防に向けて全力で取り組んでまいります。

 令和3年1月7日 小野町長 大和田  昭

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。