ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > 健康・福祉 > 高齢者 > 【高齢福祉】高齢者虐待相談

【高齢福祉】高齢者虐待相談

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月15日更新

高齢者虐待防止法

「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」は、高齢者の権利利益の擁護に資することを目的に、養護者への支援措置、養介護施設の業務又は養介護事業の適正な運営を確保するための関係法令に基づく市町村、都道府県の適切な権限行使等について定めています。

高齢者の虐待は早期に発見して対応していくことが極めて重要です。虐待を受けていると思われる高齢者を発見した場合は、相談窓口にご連絡をお願いします。

高齢者とは

高齢者虐待防止法では、「高齢者」を65歳以上の者と定義されます。

高齢者虐待とは

(1)養護者による高齢者虐待
  高齢者の世話をしている家族、親族、同居人、同居していなくとも現に身辺の世話をしている親族・知人等が行う行為。

(2)養介護施設従事者等による高齢者虐待
  老人福祉法及び介護保険法に規定する「養介護施設」又は「養介護事業」の業務に従事する職員が行う行為。

相談窓口等

[小野町]高齢者虐待対応マニュアル [PDFファイル/949KB]

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)