ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民年金制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月1日更新
 

国民年金は、日本に住所を有する20歳以上60歳未満のすべての人に加入が義務づけられています。この全員加入の国民年金を基本として、会社員や公務員は「厚生年金」の上乗せ年金に併せて加入します。

老後の生活を支えてくれるのが国民年金です。また、病気やけがで障がいが残ったときや、一家の働き手を亡くしたときなどは、年金を受給して生活の安定を図ることができます。

国民年金加入者の種類

強制加入被保険者(必ず加入しなければならない方)

強制加入被保険者
被保険者の種類対象年齢対象者手続き先
第1号被保険者20歳から60歳まで学生、自営業者、無職の方など小野町
第2号被保険者就業時から原則65歳まで会社員、公務員など(厚生年金に加入する方)勤務先
第3号被保険者20歳から60歳まで第2号被保険者に扶養されている配偶者配偶者の勤務先

任意加入被保険者(希望すれば加入できる方)

任意加入被保険者
対象年齢対象者
20歳から65歳まで海外に滞在している日本人
60歳から65歳まで受給資格を満たしていない方、または基礎年金の増額を希望する方
65歳から70歳まで受給資格を満たしていない方(ただし、昭和40年4月1日以前に生まれた方)

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。