ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

夏井千本桜

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月20日更新

夏井千本桜の写真

由来

「わたしたちの郷土を美しい桜の里に、そしてこの桜のもとに郷土の和合を」との願いを込め、夏井地区、南田原井地区の方々が夏井川の両岸5キロメートルにわたり、ソメイヨシノの苗木1,000本を植樹したのが、今日の夏井千本桜です。

この桜の植樹は地区有志の皆さんが「美しい環境をつくろう」「緑を求め、花を愛し情緒豊かな人間性を育てよう」そして「郷土の発展を図ろう」と、地域住民の皆さんに呼びかけ、その結果、地域のや事業所、同地区出身者などからの寄付がよせられ実現したものです。

夏井川は、福島県東部の阿武隈山地中央部に源を発し、西流して小野町夏井地区で南東に向きを変え、いわき市を北部を横断し太平洋に注いでいる67.1キロメートルの2級河川です。
この河川沿いの耕地が土地改良事業により構造改善されるのをきっかけに、同地区の河川の改修が行われたことを契機に、地区の皆さんが昭和50年4月に植樹し、現在に至っています。

現在この地区では、2つの行政区、地元商工会、神社の集合組織から「夏井千本桜祭実行委員会」を組織し、千本桜の手入れや保存に力を注いでいます。
地区の皆さんがボランティアにより「自分たちの地区の桜は自分たちの手で」という気持ちで手入れをし、病気に弱いソメイヨシノの千本桜を守っています。

夏井千本桜は、例年4月中旬から下旬に見頃を迎えます。
磐越自動車道の下り線からは、一瞬ですが千本桜を一望できます。
遊歩道をのんびりと歩きながら、春を満喫できるスポットとして県内外から多くの人が訪れています。

ぜひ一度お越しいただき、千本の桜並木をご覧ください。

 

見頃

4月中旬から下旬頃。
磐越自動車道からの眺めは最高です。
開花時期にはライトアップも行っており、日中とは違う千本桜を楽しむことができます。

夏井千本桜ライトアップの写真
ライトアップした夏井千本桜

  

 

 

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。