ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民健康保険加入・喪失

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月23日更新

国民健康保険に加入するとき

こんなとき手続きに必要なもの
他の市区町村から転入してきたとき印鑑、転出証明書等
職場の健康保険をやめたとき印鑑、職場の健康保険をやめた証明書
職場の健康保険の被扶養者からはずれたとき印鑑、被扶養者になれない理由の証明書
子どもが生まれたとき印鑑、保険証、母子健康手帳
生活保護を受けなくなったとき印鑑、保護廃止決定通知書

 

退職者医療制度について

65歳未満の方で、厚生年金や共済年金を受給されている方(老齢・退職年金)で、その加入期間が20年以上、もしくは40歳以降で10年以上ある方は退職者医療制度の該当者となり、保険証が変わります。保険証と印鑑、加入期間の記載がある年金証書をお持ちください。

 

国民健康保険をやめるとき

こんなとき手続きに必要なもの
他の市区町村に転出するとき印鑑、保険証
職場の健康保険に入ったとき印鑑、国保と職場の健康保険の両方の保険証
(後者が未交付のときは加入したことを証明できるもの)
職場の健康保険の被扶養者になったとき
国保の加入者が死亡したとき印鑑、保険証
生活保護を受けるようになったとき印鑑、保険証、保護開始決定通知書

 

その他の異動

こんなとき手続きに必要なもの
退職者医療制度の対象者になったとき印鑑、保険証、年金証書
町内で住所が変わったとき印鑑、保険証
世帯主や氏名が変わったとき
世帯を分けたり、一緒にしたとき
保険証をなくしたとき(あるいは汚れて使えなくなったとき)

印鑑、本人であることを証明するもの
(使えなくなった保険証)

就学のため、子どもが他の市区町村に住むとき印鑑、保険証、在学証明書
長期旅行などで個別の保険証が必要なとき印鑑、保険証

 

 

 

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。