ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民健康保険制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月23日更新

概要

国民健康保険って何?

皆さんが思いがけない病気やけがをしたとき、安心して治療が受けられるように、日ごろから保険料を出し合い、お互いに助け合うためにつくられた制度が国民皆保険(こくみんかいほけん)制度です。
そのうち国民健康保険は、職場を退職したり、健康保険の扶養からはずれたなど、いずれの健康保険にも加入してない人が、加入しなければならない制度です。

 

お医者さんにかかるときはどれくらい負担するの?

国保加入者が病気やけがをしたとき、国民健康保険証により、保険医(病院・医院)の診察、薬剤、入院など必要な医療を受けることができます。このような場合、次の一部負担金を支払います。

一部負担金(自己負担割合)
年齢負担割合

70歳以上(誕生日が昭和19年4月1日以前の方)

1割
70歳以上(誕生日が昭和19年4月2日以降の方)2割
70歳以上(※現役並み所得者)3割
0歳から18歳に達する日以後の最初の3月31日0割
一般被保険者(70歳未満)3割

※同じ世帯に住民税課税所得が145万円以上の70歳から74歳までの国保被保険者がいる方。

 

 

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。