ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高額療養費

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月17日更新

高額療養費の支給制度

高額療養費とは

 同じ人が、同じ月に、同じ医療機関に支払った自己負担額(差額ベット代や食事代などを除く)が限度額を超えた場合、申請をして認められると、払い戻しが受けられる制度です。限度額は、所得区分や年齢によって異なります。
 高額療養費に該当した場合、診療月の約2カ月から3カ月後に支給申請書を世帯主宛に送付します。申請をいただいてから、約1カ月後に払い戻しとなります。

※高額療養費を受けるには申請が必要です。医療機関への支払いから2年を過ぎると時効により支給が受けられなくなります。

 

70歳未満の方の場合

 【自己負担限度額(月額)】 (平成29年8月以降の診療分)

所得区分総所得金額等(※1)過去12か月間に高額療養費が支給された回数
3回目まで4回目以降
上位所得者

【ア】901万円超または
   未申告世帯

252,600円 +(総医療費-842,000円)×1%140,100円
【イ】600万円超から901万円以下167,400円 + (総医療費-558,000円)×1%93,000円
一般所得者【ウ】210万円超から600万円以下 80,100円 + (総医療費-267,000円)×1%44,400円
【エ】210万円以下57,600円44,400円
低所得者【オ】住民税非課税(※2)35,400円24,600円

※1「総所得金額等」=前年の総所得金額 - 基礎控除額(33万円)。国保加入者全員の合計額を計算。

※2世帯主と国保加入者全員が住民税非課税の世帯。

 

70歳以上75歳未満の方の場合

【自己負担限度額(月額)】(平成30年8月以降の診療分)

所得区分所得要件  外来(個人単位)       外来+入院(世帯単位)

現役並み所得者

3

住民税課税所得が690万円以上
252,600円
+ (総医療費-842,000円)×1%

(4回目以降140,100円)

現役並み所得者

2

住民税課税所得が380万円以上


167,400円
+ (総医療費-558,000円)×1%

(4回目以降93,000円)

現役並み所得者

1

住民税課税所得が145万円以上

 
80,100円 + (総医療費-267,000円)×1%

(4回目以降44,400円)

一般課税所得145万円未満等

18,000円(※3)

57,600円
低所得者2住民税非課税世帯8,000円24,600円
低所得者1

住民税非課税世帯(所得が一定以下)
(※4)

15,000円

※3 年間(8月から翌年7月)の限度額は144,000円。

※4 住民税非課税の世帯で、国保加入者全員の所得が必要経費・控除(年金所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる世帯。

 

算定方法

     ・各月の1日から末日までを1カ月として計算します。

  ・各医療機関ごとに別々に計算します。

  ・同一の医療機関でも、入院と外来は別々に計算します。また、医科と歯科は別々に計算します。

  ・入院時の差額ベッド代や食事代、保険外診療は対象外です。

  ・同一世帯で同じ月に21,000円以上の支払いが2回以上あった場合は、それらを合算して自己負担限度額を超えた分が支給されます。

  ※70歳以上75歳未満の方は、病院・医科・歯科の区別なく合算します。

 

申請に必要なもの

   ・国民健康保険証

  ・領収書

  ・振込口座の通帳(世帯主名義)

  ・印鑑(認印)

  ・世帯主および受診者の個人番号カード、または通知カード

  ・本人確認書類(免許証等)


 

限度額適用認定証について

「限度額適用認定証」を医療機関などへ提示することにより、窓口での支払いが自己負担限度額までとなります。
限度額認定証は、事前に申請し交付を受ける必要があります。

限度額適用認定証について

 

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。