ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

入湯税

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月14日更新

入湯税は、鉱泉浴場(温泉)に入湯する行為に対してかかる税金で、集められた税金は鉱泉源の保護管理施設、消防機材、観光施設などの整備及び観光の振興に要する費用に充てられます。

税金をかけられる人

鉱泉浴場(温泉)の利用客

 

税額

ひとり1日につき150円
※ただし、12歳未満の子どもにはかかりません。

 

申告と納税

税金を負担する人は、入湯者(利用客)ですが、温泉浴場の経営者が預かり、ひと月分をまとめて、翌月の15日までに町に納入します。

 

 

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。