ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康福祉課 > 10代、20代男性のモデルナ社ワクチン接種について

10代、20代男性のモデルナ社ワクチン接種について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月22日更新

新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について

 ファイザー社と武田/モデルナ社の新型コロナワクチン接種後に、ごくまれに、心筋炎・心膜炎を発症した事例が報告されています。

 特に10代・20代の男性の2回目の接種後4日程度の間に多い傾向があります。ワクチン接種後、4日程度の間に、胸の痛み、動悸(どうき)、息切れ、むくみ等の症状がみられた場合は、速やかに医療機関を受診し、新型コロナワクチン接種を受けたことを伝えてください。

 10代・20代の男性では、武田/モデルナ社のワクチンより、ファイザー社のワクチンの方が、心筋炎・心膜炎が疑われた報告の頻度が低い傾向がみられました。

 下記のチラシをよくご確認いただき、ご本人が納得したうえで、新型コロナワクチンの接種をご判断ください。

  新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について[PDFファイル/560KB]

ワクチン接種について

 10代、20代の男性で、コロナワクチンの接種を希望する方のうち、

(1)ファイザー社のワクチンを接種したい

(2)1回目は武田/モデルナ社のワクチンを接種したが、2回目はファイザー社のワクチンを接種したい

 上記に当てはまる方は、健康福祉課(☎72-6934)までお問い合わせください。

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)