新型コロナワクチン接種証明書の発行について

掲載日:2022年10月19日更新

 新型コロナワクチン接種証明書は、予防接種法に基づいて市町村が住民に対して実施したワクチン接種の事実を証明するものです。したがって、国外等で接種を受けた方(予防接種法に基づかない接種を受けた方)は発行の対象になりません

≪注意≫

  • 接種証明書を所持していないことをもって、海外への渡航ができなくなるものではありません。
  • 接種証明書を所持することにより、あらゆる国や地域と防疫措置が緩和された状態で往来が可能となるものではありません。いずれの国や地域への渡航時に活用できるかについては、以下をご確認ください。
    海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧
  • 日本国内での利用については、接種済証や接種記録書も従来通りご利用いただけますので、必ずしも接種証明書の申請が必要な訳ではありません。

申請方法

 申請先は、接種を受けた際に住民票のある市町村(通常は接種券の発行を受けた市町村)です。接種時毎に、別の市町村の接種券を使用して接種を受けた場合には、接種時点で住民票のあるそれぞれの市町村が申請先となります。交付方法は、①コンビニでの交付②電子版での交付③書面での交付の3種類です。

①コンビニでの交付 ※令和4年7月26日リリース

対象のコンビニエンスストア等店舗内の端末での申請となります。

コンビニ交付のポイント

  • 毎日6時30分から23時まで取得できます。
  • お近くのコンビニ等の端末で取得できます。
    (コンビニ交付サービスに対応している店舗に限ります。)
  • マイナンバーカードがあればどなたでも取得できます。

必要なもの

  • マイナンバーカード+暗証番号4桁※
  • 接種証明書発行料(120円)

 ※暗証番号とは、マイナンバーカードを市町村の窓口で受け取った際に設定した、4桁の数字(券面事項入力補助用の数字)です。
 ※印刷不良の場合を除き、発行後の返金には対応できません。

コンビニ交付事業者一覧<令和4年10月19日時点> (184.6KB)

コンビニでの取得方法 (1.6MB)

②電子版での交付

 スマートフォン上の専用アプリでの申請となります。 アプリのダウンロード方法や申請手順の詳細は以下をご確認ください。

【デジタル庁ウェブサイト:新型コロナワクチン接種証明書アプリ】

必要なもの

  • マイナンバーカード+暗証番号4桁※
  • 海外渡航時に有効なパスポート

 ※暗証番号とは、マイナンバーカードを市町村の窓口で受け取った際に設定した、4桁の数字(券面事項入力補助用の数字)です。
 ※電子での交付の場合、パスポートをスマートフォンで読み取るため、原本が必要です。

③書面での交付

 役場窓口(郵送申請・電子申請を含む)への申請となります。

必要なもの

ご意見をお聞かせください

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉課 代表
〒963-3492 福島県田村郡小野町大字小野新町字舘廻92 電話番号:0247-72-6934 FAX番号:0247-72-3121