ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康福祉課 > ロタウイルスワクチンが定期予防接種(無料)となります

ロタウイルスワクチンが定期予防接種(無料)となります

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月17日更新

 令和2年10月から、これまで任意予防接種(有料)であったロタウイルスワクチンが定期予防接種(無料)となります。

ロタウイルス胃腸炎とは?

 乳幼児に多く発症するロタウイルスが原因の非常に感染力が強い胃腸炎です。水のような下痢、吐気、発熱などを伴い、入院が必要になる場合もあります。

ロタウイルス予防接種について

定期予防接種対象者

令和2年8月1日(土曜日)以降生まれのお子さん

接種期間・回数

ロタウイルスワクチンは、口から飲む生ワクチンです。赤ちゃんでも飲みやすいように甘い味がついています。

ワクチンの種類接種期間接種回数

ロタウイルス1価(ロタリックス)

生後6週から生後24週まで

2回

ロタウイルス5価(ロタテック)

生後6週から生後32週まで

3回

・どちらのワクチンにおいても、1回目は、生後14週6日までに接種してください。

・定期予防接種(無料)は、令和2年10月1日以降に接種した分から適用となります。

 令和2年9月30日以前に接種した場合は、任意予防接種(有料)となりますので、ご注意ください。

接種方法

1.事前に医療機関に予約をします。(県内ほとんどの医療機関で実施可能です)

2.発熱や咳などの症状がないことを確認し、以下のものをお持ちになり、受診します。

 持ち物 (1)保険証 (2)母子(親子)健康手帳 (3)予診票※

      ※定期予防接種の対象者以外のお子さんは医療機関で使用している予診票をご利用ください。

3.接種当日は、まれにアナフィラキシー症状(ワクチンへのアレルギーによる発疹、呼吸困難など)が起こる可能性があるため、十分に観察を行ってください。

 また接種を受けてから2週間までの間に、「突然激しく泣く」「機嫌がよかったり不機嫌になったりを繰り返す」「嘔吐する」などのいつもと異なる症状がみられる場合は、お早めに医療機関を受診してください。

 

 

 

 

 

 

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。