ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 企画政策課 > 【募集中!】小野町地域おこし協力隊

【募集中!】小野町地域おこし協力隊

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月1日更新

令和3年度小野町地域おこし協力隊の募集について

地域おこし協力隊募集中!

1 募集概要

 小野町は阿武隈山系の中部、福島県田村郡の南部に位置し、周囲を阿武隈高原中部県立自然公園に囲まれ、その北部の高柴山には約3万株のヤマツツジが群生しています。

 町の中央には太平洋に注ぐ右支夏井川が流れ、川岸には町の名物である千本桜が咲き誇る風光明媚な里山の町です。

 また、土からこだわって栽培したにんにくを使った黒にんにくや、2020年に行われた全国の高校生を対象とした第9回ご当地!絶品うまいもん甲子園で準優勝を果たした県立小野高等学校の生徒が企画・製作した「小野活気あげバーガー」など、美味しいもの・珍しいものが沢山ある町です。

 そんな小野町の現在の課題は町の人口減少への対応と、地域の活力の維持・向上、新たな産業の創出です。

 そこで小野町では今回、町に移住し新たな視点から地域の活性化にご協力いただける地域おこし協力隊員を募集します。

 令和3年度小野町地域おこし協力隊募集要項 [PDFファイル/228KB]

2 募集人数

 4名(各分野1名ずつ)

3 活動拠点

 小野町役場・派遣先団体等を主とします。

4 活動内容

  各分野の募集の内容は以下のとおりとします。また、卒隊に向けた隊員のスキルアップ等に係る研修会等への業務としての参加も可能とします。さらに隊員として2年以上活動した方が起業する場合には、申請し認められた場合に100万円を上限として起業支援補助金を交付します。

分野

募集人数

活動内容

選考に当たっての優遇条件

1

農業に関する活動

1名

(1)小松菜農家で土づくり、播種、施肥、防除、収穫、パッケージング、出荷など一連の作業を経験し、技術力を身に付ける。
(2)販路確保方法や会計経理など経営技能の研修
(3)その他地域産業の振興に関する活動

農業で生計を立てたいと考えている熱意のある方
2地域の防災に関する活動

1名

(1)地域の防災力向上に向けた施策の企画・立案
(2)地域の防災訓練の支援
(3)地区防災計画の策定の支援
(4)住宅用火災警報器設置啓発

(1)防災士資格取得者
(2)自治体消防団参加経験者

3医療・保健に関する活動

1名

(1)町内巡回による、住民健康状況の把握
(2)町民の健康維持・増進に向けた健康づくりサポート
(3)町保健師、栄養士と連携した運動・食事による健康づくり指導
(1)看護師、保健師、栄養士、管理栄養士等の資格取得者
(2)健康運動指導士等の資格取得者
(3)フィットネスクラブ等でのインストラクターとしての勤務経験
4移住支援・空き家活用に関する活動

 1名

(1)移住コーディネート業務(移住・定住相談の受付、現地案内、SNS(facebook等)による情報発信)
(2)移住後のアフターフォロー業務
(1)不動産関係資格取得者
(2)不動産関連会社、住宅建築関係会社等への勤務経験

 

5 募集対象

 次の(1)から(9)までのいずれにも該当する方とします。

 (1) 令和3年4月1日現在で、年齢が20歳以上55歳以下の方

 (2) 心身ともに健康で誠実に職務を行うことができる方

 (3) 生活の拠点を3大都市圏を始めとする都市地域等(過疎、山村、離島、半島等以外の地域)から小野町に移し、住民票を異動させることが可能な方。ただし、任用前に既に小野町に住民票を移し、定住・定着している方は応募対象外とします。

 (4) 小野町に1年以上居住でき、かつ、活動期間終了後も定住する意思のある方

 (5) パソコン操作(ワード、エクセル、インターネット、Eメール等)が可能な方

 (6) 普通自動車運転免許を有し、日常的な運転に支障のない方(※農業に関する活動の分野については、MT車を運転する可能性があるため、AT限定でないこと)

 (7) 地域住民と積極的にコミュニケーションを図り、地域を元気にするために精力的に行動できる方

 (8) 活動の状況や町の情報をSNS等で発信できる方

 (9) 地方公務員法第16条に規定する公務員としての欠格事項に該当しない方

6 雇用形態

  地方公務員法第22条の2第1項第1号に規定する会計年度任用職員として任用します。

7 任期

  任用の日から令和4年3月31日までとし、その後は、町が認めた場合は1年ごとに任用期間を延長し、最初の任用日から通算して3年まで延長できることとします。
  移住の準備等に時間を要する場合については、協議のうえ着任時期を決定することとします。

8 報酬

  報酬月額180,000円
  その外、通勤手当相当分の費用についても町が負担します。

9 勤務条件

 

(1) 勤務日数・時間

  勤務日数は週4日とし、勤務時間は8時30分から17時15分までとします。
  なお、活動内容によっては勤務時間(週31時間以内)を変更することができるものとします。

  ※勤務時間以外の時間については、任期終了後の起業や定着に向けた自己研さん等に充てることができるものとします。また、職務の公正の確保(地域おこし協力隊の本来業務に支障が出ないこと=職務専念義務が損なわれる恐れがないこと)、職員の品位の維持(地方公務員であることを自覚し企業等の職務に従事すること)を条件に、申請し許可された場合は、副業等を可とします。

(2) 休日・休暇

  休日は原則、週3日(着任時に定める曜日)に加えて、祝日及び12月29日から翌年1月3日としますが、勤務の都合により休日の振替を行うものとします。
  休暇は会計年度任用職員の勤務時間、休暇等に関する規則によるものとします。

(3) その他

  町の一般職の例に準じます。

10 待遇・福利厚生等

 (1) 任期中の住居は町が用意し、家賃は町が負担します。ただし、共益費や水道光熱費、通信料などの各種使用料は隊員の負担とします。

 (2) 健康保険、厚生年金、雇用保険に加入していただきます。

 (3) 活動時に使用する車両(車両燃料費含む)及びパソコンは貸与します。

 (4) 引っ越しに必要な経費については隊員の負担とします。生活用品についても隊員で準備するものとします。

  (5) 本来の業務に支障がなく、かつ地方公務員としての自覚をもって職務に従事することを条件に、申請し許可された場合には副業を可とします。


  (6) 隊員として2年以上活動された方で起業をされる場合には、申請し認められた場合には最大100万円の起業支援補助金を交付します。

11 申込受付期間

 令和3年12月31日(金曜日)まで(当日の消印有効)

12 選考方法等

 

(1) 第1次選考(書類選考)

  小野町地域おこし協力隊応募用紙 [Wordファイル/34KB]に必要事項を記入のうえ、履歴書を添付して小野町役場企画政策課まで提出してください。
 申込受付期間終了後に書類選考を実施し、結果を文書で通知します。

(2) 第2次選考(面接)

 第1次選考合格者については、面接による第2次選考を実施します。日時及び場所(リモートによる面接を含む)については、第1次選考結果通知時にお知らせいたします。

(3) 注意事項等

 ○ 応募に係る経費(面接時の交通費など)はすべて応募者の負担となります。
 ○ 応募書類は返却いたしません。

13 申込受付先(郵送先)・問合せ先

 ◇◇◇お気軽にお問合せください◇◇◇

 〒963-3492
   福島県田村郡小野町大字小野新町字舘廻92番地
  小野町役場企画政策課
  電話:0247‐72‐6939
  Fax :0247‐72‐3121
  Eメール:kikakuseisakuka@town.ono.fukushima.jp

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)