ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

町長あいさつ

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年4月1日更新

町民の皆さまへ

町長

日頃より、町民の皆さま、事業者の皆さまには、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、様々なご協力をいただき、心から感謝申し上げます。

 町内の感染状況は、今年に入ってからは新規感染者の確認が続いており、予断を許さない状況にあります。引き続き、基本的な感染対策を徹底していただき、ご自分はもちろんのこと、大切な家族や友人の命を守ることを最優先に、混雑した場所や感染リスクの高い場所への不要不急の外出を控えるなど 感染しない、感染させない、家庭内にウイルスを持ち込まない行動をお願いいたします。

さて、昨年3月23日に町長に就任してから、1年が経ちました。この1年間を振り返りますと新型コロナウイルス感染症の対応に終始した一年でありましたが、町長という立場で改めて10年先・20年先の将来を見据えながら、わが町の課題を見つめ直すことで、時代の変化に対応できる新たな発想を持って課題解決に取り組めるものと考えております。

令和4年度がスタートしまして、今年度は、引き続き、新型コロナウイルス感染症対策に全力で取り組んでいくとともに、私が町長就任時に掲げた4つの柱であります「子育て環境の充実」、「健康づくりの推進」、「産業の更なる振興・発展」、そして「支えあえる地域づくり」の実現に向けて、「未来へ おのまち総合計画」に掲げる主要プロジェクトを中心に様々な施策をスピード感をもって展開してまいります。

そして、将来にわたり「住んでいて良かった」「これからも住み続けたい」と思える魅力ある持続可能なまちづくりを町民の皆さまと共に考え、共に創ってまいりますので、町民皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。 

【令和4年度の主な施策】

 1.「子育て環境の充実」

段階的切れ目ない子育て支援を行うため、これまでの子育て支援事業の見直しを図るとともに、新規事業として、令和5年度に小学校及び中学校に入学される児童・生徒への入学準備支援としてお子さんお一人につき3万円の給付や3歳児から5歳児のお子さんを対象に給食時の主食費相当分の助成として、通園していることを問わず、お一人月額1,800円の給付、兄弟姉妹で義務教育を受けている世帯に対しましては、第2子以降の児童・生徒の学校給食費の全額助成を行い、子育て支援の拡充を図ります。

2.「健康づくりの推進」

新たに制定した「小野町みんな笑顔で健康づくり推進条例」に基づき、町全体が健康づくりに関心を持って主体的に健康づくりに取り組める環境を整備するほか、各種健康診査受診率向上の対策や各種運動教室の開催、さらには、町内にウォーキングコースを新たに設定し、ウォーキングによる健康増進に取り組んでまいります。 

3.「産業の更なる振興・発展」

未整備地区の農業生産基盤整備を推進し、農業担い手への農地集積・集約化を図り、効率的かつ持続可能な農業経営の確立を支援してまいります。

また、6次産業化と発酵のまちづくりを推進し、町内産の農作物や6次化商品の販売促進に努めてまいります。

商工業に関しましては、引き続き、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている中小事業者等の支援を行うとともに、更なる、商工会や地元企業との連携強化、起業者支援に取り組み、雇用の充実に努めてまいります。

4.「支えあえる地域づくり」

   各行政区の地域活動支援のため、引き続き様々な地域活動に対して財政的支援を行うとともに、行政区の枠を超えた地域づくり協議会の設置支援に取り組み、地域の皆さんが、より一層「自ら考え」、「自ら行動する」環境づくりに努めてまいります。

このほか、児童・生徒の学力向上対策、安全・安心確保のための防犯対策、町道改良等の生活基盤の整備などにも力を注いでまいります。

 令和4年4月1日

                     小野町長 村 上 昭 正

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。