ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

通学路の安全性確保

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月9日更新

小学校周辺通学路の安全点検について

緊急合同点検の実施

平成24年4月以降、全国で登下校中の児童が被害者となる痛ましい交通事故が相次ぎました。
このため、町内4つの小学校・PTA・地域住民のほか、町内の関係各機関が連携し、
小学校周辺通学路の道路状況について合同点検を実施しました。

緊急合同点検の実施概要

点検の概要は以下のとおりです。

1.実施時期:平成24年7月
2.対 象 校:町内4小学校(飯豊・浮金・小野新町・夏井第一)
3.参 加 者:各小学校、PTA、地域住民、田村警察署小野分庁舎、教育委員会、道路管理者
4.点検箇所:13箇所

緊急合同点検の結果

上記の点検13箇所すべてについて、歩道がなかったり、朝夕の交通量が非常に多いなど、
何らかの対策が必要な状況でした。

・飯豊小学校:県道1箇所、町道1箇所(計2箇所)
・浮金小学校:県道3箇所(計3箇所)
・小野新町小学校:町道4箇所(計4箇所)
・夏井第一小学校:県道4箇所(計4箇所)

対策の実施

上記13箇所のうち危険度の高い9箇所について、
個別の状況に応じ、道路管理者および地元警察署等が対策を実施しました。
主な実施箇所・実施内容(対策前/対策後)は、以下のとおりです(平成25年2月28日時点)。

学校名

対策前対策後
飯豊小学校

飯豊(対策前)

急カーブで見通しが悪く、
車が白線の内側を走ることがあるため危険。

飯豊(対策後)

路肩の拡幅、減速マークの塗装、
車線分離標(ラバーポール)の設置を実施。

浮金小学校

浮金(対策前)

急カーブで見通しが悪い上、縁石がなく、
朝夕の交通量も多いため危険。

浮金(対策後)

白線の引き直し、車線分離標(ラバーポール)の
設置を実施。

小野新町小学校

小野新町(対策前)

朝夕の交通量が多いにもかかわらず、
住宅地域で道路が狭く、歩道がないため危険。

小野新町(対策後)

白線の塗装、路側帯のカラー舗装、
警戒標識の設置を実施。

夏井第一小学校

夏井第一(対策前)

歩道の整備がされておらず、
夜間などに側溝へ転落する恐れがあるため危険。

夏井第一(対策後)

白線の引き直し、側溝の蓋かけを実施。
(今後も継続予定)

【参考】
小野中学校(対策後) 警戒標識・補助標識の設置(小野中学校前)

 

 

今後の対策予定

残りの4箇所については、関係機関と調整の上、順次対応していく予定です。
詳しくは、以下をご参照ください。

 

 

通学路交通安全プログラム

通学路の安全確保に向けた取組みを行うため、関係機関と連携し、
「小野町通学路交通安全プログラム」を策定しました。
詳しくは以下をご参照ください。

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)