ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

道路法申請

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月23日更新

道路の私的な利用をするときは申請が必要です

道路には、国道・県道・町道など道路管理者が法律によって定められています。町が直接管理している町道・農林道など不特定多数の人々が利用する道路施設を、私的に使用する場合、許認可を受ける必要があります。

道路管理者の承認工事(道路法24条)

承認工事とは、道路管理者以外の者が、道路管理者の承認を受けた上、自らの費用負担で実施する道路工事をいいます。
具体的には、次に掲げるような工事がこれに該当します。

  1. 法面の埋立てまたは切取り
  2. 新規通路の取付工事
  3. 車両乗入れのための歩道切下げまたはガードレール撤去
  4. 並木、街灯、花壇等に関する工事
  5. 工場、店舗、車庫等の前面の舗装

 

道路占用許可(道路法32条)

道路占用とは、道路に一定の工作物または施設を設け、継続して道路を使用することをいいます。
具体的には、次に掲げるようなものがこれに該当します。

  1. 水道管・下水道管・給水管・排水管等の埋設
  2. 電柱・支柱・支線等の設置
  3. 案内標識・カーブミラー等の設置

 

道路工事完了(占用工事完了道路原状回復)届

承認工事(道路法24条)および道路占用工事(道路法32条)で承認を受けた工事が完了した際に提出しいただきます。

 

 

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。