ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > ライフインデックス > 障がい・福祉 > 身体障がい者制度(免許・改造)
トップページ > 分類でさがす > くらし > 健康・福祉 > 障がい者福祉 > 身体障がい者制度(免許・改造)

身体障がい者制度(免許・改造)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月23日更新

自動車操作訓練費助成事業

就職や自立するために運転免許を取得しようとする方のために補助金が交付されます。

対象者

身体障害者手帳の交付を受けた下肢障がい者(体幹機能障がいにより歩行困難な者も含む)・聴覚障がい者で就労等社会活動参加のため運転免許が必要な方。

 

対象になる支出等

  • 指定自動車教習料
  • 自動車練習場使用料
  • 自動車運転教習を受けるために支出した旅費
  • 仮免許および運転免許を受けるために支出した旅費

 

交付額

必要経費と100,000円を比較していずれか低い方の額。

 

申請方法

自動車操作訓練費助成事業申請方法の画像

 

注意事項

  • 申請は、障がい者1人に対し1回限りです。
  • 受付終了前に免許取得した場合、補助金は交付されません。

 

自動車改造費助成事業

身体障がい者の社会参加の促進を図るため、自動車を取得し身体障がい者用に改造したい方に対し補助金が交付されます。

対象者

身体障害者手帳の交付を受けた者方で、次の要件のすべてに該当する方。

  1. 上肢、下肢または体幹機能障がい者であって、その障がい等級が1級または2級の方。
  2. 就労等に伴い、自らが所有し運転する自動車の操向装置および駆動装置の一部を改造する必要がある方。
  3. 改造を行う月の属する年の前年の所得税課税所得金額(各種所得控除後の額)が当該月の特別障害者手当の所得制限限度額を超えない方。

 

交付額

必要経費と100,000円を比較していずれか低い方の額

 

申請方法

自動車改造費助成事業申請方法の画像

 

注意事項

  • 申請は、車1台に対して1回です。
  • 申請前の改造については、補助金は交付されません。
  • 改造後に、改造部分の写真が必要になります。

 

 

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。