ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

介護保険

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月23日更新

介護保険ってなに?

介護保険は、高齢者が生活する上で何らかの介護を要する状態になったときに、その人らしい自立した生活を送れるよう支援し、家族の介護負担を軽減する制度です。
介護保険では、介護が必要な方やご家族が、安心して暮らすことができるよう多種多様なサービスが用意されています。
そして利用者が、自分でサービスを選ぶことができます。
自分らしく自立した生活に向けて、専門家のアドバイスを受けながら上手にサービスを利用することができます。

 

誰が実施するの?

介護保険は、それぞれの市町村が保険者となり、皆さんから保険料をお預かりし、介護サービス等の費用負担を行います。
小野町では、健康福祉課が事務を担当しています。

 

保険料の負担は?

介護保険は市町村が主体となり、被保険者、事業者が協力し合って運営する相互扶助の社会保障制度です。
このため、40歳以上の方々に保険料を負担いただきます。

詳しくは、こちらをご覧ください

 

誰でも受けることができるの?

介護保険のサービスは介護が必要になった方が受けられます。(下記参照)
事前に必要な介護状態を判定する要介護認定を受ける必要があります。

詳しくは、こちらをご覧ください

介護保険のサービス
サービスを受けられる方

第1号被保険者
(65歳以上の方)

第2号被保険者
(40歳から64歳までの方)

  • 寝たきり・認知症などで常に介護が必要な状態(要介護状態)の方
  • 家事や身じたくなどの日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)の方
  • 初老期認知症、脳血管障害など、老化に伴う病気(※16の特定疾病が定められています)によって介護・支援が必要になった方
※老化が原因とされる16の特定疾病
〔1.がん末期 2.筋萎縮性側索硬化症 3.後縦靭帯骨化症 4.骨折を伴う骨粗しょう症 5.多系統萎縮症 6.初老期における認知症 7.脊髄小脳変性症 8.脊柱管狭窄症 9.早老症 10.糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症 11.脳血管疾患 12.パーキンソン病関連疾患 13.閉塞性動脈硬化症 14.関節リウマチ 15.慢性閉塞性肺疾患 16.両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症〕

  

どんなサービスがあるの?

介護サービスには下記のようなサービスがあります。利用者や家族の希望により選択して受けることができます。
詳しくは下記表のそれぞれのサービスの種類を選択すると詳細なページを表示します。

 サービスの種類 こんなサービスがあります
在宅サービス
詳細
訪問介護(ホームヘルプサービス)
介護予防訪問介護
訪問入浴介護
介護予防訪問入浴介護
訪問リハビリテーション
介護予防訪問リハビリテーション
訪問看護
介護予防訪問看護
通所介護(デイサービス)
介護予防通所介護
通所リハビリテーション(デイケア)
介護予防通所リハビリテーション
短期入所生活介護(ショートステイ)
介護予防短期入所生活介護
短期入所療養介護(医療型ショートステイ)
介護予防短期入所療養介護
居宅療養管理指導
介護予防居宅療養管理指導
地域密着型サービス
詳細
小規模多機能型居宅介護
介護予防小規模多機能型居宅介護
夜間対応型訪問介護
認知症対応型通所介護
介護予防認知症対応型通所介護
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
介護予防認知症対応型共同生活介護
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
地域密着型特定施設入居者生活介護
 入所生活介護
詳細
特定施設入所者生活介護
介護予防特定施設入居者生活介護
福祉用具・住宅改修
詳細
福祉用具貸与
介護予防福祉用具貸与
福祉用具購入
介護予防福祉用具購入
住宅改修
介護予防住宅改修
施設サービス
詳細
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
介護老人保健施設(老人保健施設)
介護療養型医療施設

 

 

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。