ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > 健康・福祉 > 障がい者福祉 > 重度心身障害者医療費助成制度

重度心身障害者医療費助成制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月23日更新

重度心身障害者医療費給付事業

心身に重度の障がいをお持ちの方が、医療機関でかかった医療費の自己負担分を支給します。

該当する重度の障がいとは

  1. 身体障害者手帳の障がい程度が1・2級および、一部の内部障がいの3級の方。
  2. 療育手帳の障がい程度がAの方。
  3. 精神障害者保健福祉手帳の障がい程度が1・2級の方。
  4. 障害者手帳3種類(身体・療育・精神)のうち2つ以上お持ちの方。

 

申請方法

申請方法の画像 

※注意事項

  • 支給を振り込む預金通帳等は、郵便貯金は含みません。銀行もしくは農協の預金通帳等をご用意ください。
  • 預金通帳等の名義人は、できるだけ障がい者本人の名前が望ましいです。
  • 障がい者本人または、その扶養義務者の所得額に上限があり、その額を超えると支給が停止します。
  • 該当した場合、使えるのは翌月の医療費からです。

 

給付方法

  1. 医療機関で診療を受ける
    ※医療費を納めてください。
    矢印申請者の画像
  2. 『重度心身障害者医療費給付申請書』(ピンク色)
    必要な箇所を記入する。
    診療した医療機関に月1枚出してください。
    矢印申請者の画像
  3. 医療機関での証明
    矢印申請者の画像
  4. 役場に提出
    矢印役場の画像
  5. 支給決定

※注意事項

  • 『申請書』に記入漏れがあった場合、電算処理上の問題で支払いが遅れる場合があります。
  • 使える医療機関は、病院・歯科・調剤薬局などがあります。
  • 基本的には、医療機関に対して月1枚ですが、総合病院のように多数科がある場合には、診療を受けた科ごとに月1枚になります。
  • 現在は、高額医療費等の関係で支払いが65歳未満は翌月、65歳以上は翌々月になっています。

 

 

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。