ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > 防災・安全 > 防災 > 非破壊式検査装置による放射性物質放射能測定結果
トップページ > 分類でさがす > くらし > 健康・福祉 > 健康維持 > 非破壊式検査装置による放射性物質放射能測定結果

非破壊式検査装置による放射性物質放射能測定結果

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月22日更新

非破壊式放射能測定による放射性物質測定結果をお知らせします

◆採取場所小野町内等
◆測定月

平成29年7

◆測定場所小野町役場放射能測定室(小野町役場分庁舎 内)
◆検体数

4検体

◆測定機器非破壊式食品放射能測定装置「そのままはかるNda‐2」
◆測定結果7月分 [PDFファイル/289KB]

 非破壊式放射能測定装置の特徴

 ・測定物を細かく刻むことなくまるごと測定できます。

測定申込等について

 申込対象者 町内に居住している方

 測定対象物 自家消費用農産物等(出荷、販売を目的としない農産物)

 予約受付   月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分(土日祝日及び12月29日から翌年1月3日を除く)

 予約方法   電話により受付を行ってから、窓口で申請書をご記入ください。

 必要検体量 1kg(検体の量が少ないと正確に測定できない場合があります)

 ・検査申請書 [Excelファイル/38KB]  

ご注意いただきたい点

 水道水、井戸水、引き水は測定できません。

 基本的に食品以外の物の測定は行いません。

 測定物は丁寧に水洗いし、きれいな袋等に入れてお持ち込みください。

 ・測定可能な大きさを超える場合は、測定可能な大きさに切断させていただく場合があります。

 ・可食部以外の部分が多く含まれている場合、正確に測定できない場合があります。

参考

 食品衛生法が定める放射性セシウムの基準値(平成24年4月から)

    品目

    基準値(ベクレル/kg)

    飲料水

    10

    牛乳

    50

    乳児用食品

    50

    一般食品

    100

 

 

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)