ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民年金概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月23日更新

国民年金は、すべての公的年金の基礎となるものです。 
日本国内にお住まいの20歳以上60歳未満のすべての方が公的年金に加入することが義務付けられています。
自営業の方や学生などが加入する第1号被保険者、会社員や公務員が加入する第2号被保険者、会社員や公務員に扶養されている配偶者が加入する第3号被保険者のすべての人に、国民年金から基礎年金が支給されます。

被保険者の種類

種別加入者加入手続き等
第1号被保険者20歳以上60歳未満の人のうち、農業・
漁業・商業などの自営業者の人とその
配偶者、学生、フリーター、家事手伝
いなどの人
加入の手続きは自分で市町村の国民年
金担当窓口で行い、保険料は納付案内
書によって指定された銀行・郵便局など
で納めます。
第2号被保険者厚生年金保険・共済組合に加入して
いる人
加入手続きや保険料納付は会社等が行
いますので自分で行う必要はありません。
第3号被保険者20歳以上60歳未満の人
第2号被保険者に扶養されている配偶
者(年収が130万未満の配偶者)
保険料は配偶者の加入している年金制度
全体で負担します。
任意加入者

次の場合の希望者が加入します。

  • 日本国内に住所のある60歳以上65歳未満の人
  • 海外に在住している20歳以上60歳未満の人
  • 60歳未満の老齢(退職)年金の受給者
  • 年金受給権を満たしていない65歳以上70歳未満の人(昭和30年4月1日以前
    に生まれた人に限る。)

 

一人にたった一つの基礎年金番号

就職、退職、結婚等により加入する制度が変わっても、この基礎年金番号は変わりません。
各種届書、年金の請求、お問い合わせはこの基礎年金番号をお使いください。基礎年金番号が記載されている年金手帳と基礎年金番号通知書は大切に保管してください。

 

 

 

 

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。