ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

飯豊地区仮置場監視状況

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月11日更新

 空間線量率の監視(週一度)および水放射能濃度の監視(月一度)などの業務を行っています。
 その結果、周辺環境への影響はありません。

仮置場概要

名称設置場所保管開始年月保管量(フレキシブルコンテナ数)
区分可燃物不燃物
飯豊地区仮置場小野山神字三合田地内平成27年3月除染作業28袋24袋52袋
表土改善事業等11袋190袋201袋
39袋214袋253袋
※表土改善事業等の分は、震災の年の秋ごろに実施し地下に保管していた、学校の校庭の除去土壌などです。

測定箇所位置図

飯豊地区仮置場
※除去物は右図のように上段と下段に分けて配置してあります。


入口付近 保管状況

放射線空間線量率記録並びに水放射能濃度分析記録経過

現在の監視状況

放射線空間線量率(単位:マイクロシーベルト/時)
※地上100cm高・5回測定平均値
水放射能濃度分析(単位:ベクレル/ℓ)
※検出限界値:1ベクレル/ℓ【参考:飲料水基準値10ベクレル/kg】
測定日仮置場敷地内敷地外採取日核種浸出水地下水側溝溜桝湧水
2月29日㈪0.07 0.06 0.07 0.07 0.09 2月8日㈪セシウム134検体なし検体なし検体なし検体なし検出せず検出せず
セシウム137検体なし検体なし検体なし検体なし検出せず検出せず

過去の監視結果

平成27年

平成28年

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)