ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

動物愛護週間 

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月19日更新

小さな命を大切に!

 動物の愛護及び管理に関する法律では、動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めるため、毎年9月20日から26日までの一週間を動物愛護週間と定めています。動物は、愛情と責任を持って飼いましょう。

犬の適正飼養について

 ○犬を飼ったら、一生に1回の登録と年に1回の狂犬病予防注射を必ず受けさせましょう。
 ○鑑札、注射済票を犬に装着しましょう。(迷子のときに、飼い主がわかります。)
 ○飼い犬を迷子にさせないため、リードや首輪を定期的に点検しましょう。

猫の適正飼養について

 ○交通事故、病気、迷子、フンやいたずらによるトラブルを防ぐため、屋内で飼いましょう。
 ○飼い猫の迷子に備え、名札をつけましょう。
 ○野良猫に餌付けした結果、不幸な子猫が産まれるケースが増えています。責任のとれない餌付けはやめましょう。

災害に備えましょう!

 災害に備え、キャリーバッグ、ペットフード、水、トイレ用品を準備しましょう。また、ペットへの正しいしつけや不妊・去勢手術、鑑札等は災害時にも役立ちます。

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。