ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

固定資産税課税誤りについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月7日更新

固定資産税等に係る課税誤りに関するお詫び

 町民の皆様、納税者の皆様には、平素より税務行政にご理解を賜り厚くお礼を申し上げます。

 この度、固定資産税の課税誤りが判明いたしました。皆様に多大なご迷惑をおかけするとともに、公正で適正
な課税を旨としなければならない税務行政にあって、その信頼を著しく損なうことになりましたことに対し、深く
お詫び申し上げます。

 課税誤りの概要につきましては、土地の地目が雑種地のうち「宅地並み雑種地」価格のデータ入力ミスにより
適正に処理されず、長年、固定資産税を過大に課税していたものです。また、これに関連いたしまして国民健康
保険税につきましても固定資産税を基に税額の一部を算定しており、過大に課税していたものです。

 今回の課税誤りを厳粛に受け止め、信頼回復のため、一日も早く納税者の方々に返還できるよう、庁内に対
策チームを特設し、全職員一丸となって早急な還付に向けた作業に取り組んでいるところです。今後、このよう
な課税誤りが起こらないように事務処理体制を強化し、職員の知識・技術の向上に努め、再発防止に万全を期
してまいります。

 町民の皆様、納税者の皆様には多大なご迷惑をおかけしましたこと、重ねて深くお詫び申し上げます。

                                                         平成29年2月7日
                                                       小野町長 大和田 昭

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。