ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 企画政策課 > 小野町タクシー利用料金助成制度【おの町えがおタクシー】

小野町タクシー利用料金助成制度【おの町えがおタクシー】

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月27日更新
本格実施します!小野町タクシー利用料金助成制度

 小野町では、今後、高齢者などを中心とする交通弱者(自家用の交通手段を持たず、公共交通機関の利用も困難である方)の増加が予想されることから、
平成28年9月1日から10月31日にかけて、対象となる方のタクシー利用料金の一定額以上を助成する制度を試験的に実施し、
本助成利用によるタクシー移動が町民の皆さんの「足」として成立するかなどの調査を行いました。

 上記試行結果及び試行後のアンケート結果をふまえ、平成29年4月1日より、小野町タクシー利用料金助成制度を本格的に実施することになりました。

 愛称は「おの町えがおタクシー」。この制度が皆さんに広く親しまれるよう、願いを込めて決定しました。
おの町えがおタクシー

 ※本格施行(4月から)の助成内容は、試行時から一部変更されています。ご注意ください。

 対象者は?

  町民であり、次のアからエのいずれかに該当する方が対象となります。

   ア 70歳以上の者
   イ 障がい者(身体障害者手帳1・2級または療育手帳の交付を受けている者) 
   ウ 妊娠中または出産後12ヵ月以内の者
   エ 運転免許証自主返納者

 助成を受けるには?

 タクシー乗車時に、運転手に「対象者証」を提示してください。
 タクシー利用料金(メーター料金)の800円を超えた分を助成します。 
 タクシー利用料金(メーター料金)が800円以下であった場合は、通常どおり全額自己負担です。

  (例)タクシー利用料金が1,200円だった場合
       ・・・自己負担は800円となります。残りの400円は町が助成します。

「対象者証」はどうやったらもらえるの?

 助成を受けたい方は、小野町タクシー利用料金助成登録申請書 [Wordファイル/16KB]に必要事項を記入し、
下表の必要書類をご準備のうえ役場までご持参ください。その場で「対象者証」を発行いたします。
 ※申請書は役場でもご用意しております。
 ※申請受付は平日午前9時から午後5時までです。
 ※代理の方による申請も可能ですが、対象者本人の下表必要書類をご持参ください。

ご準備いただく書類

該当要件

ご準備いただく書類

ア 70歳以上の方年齢が確認できる書類(保険証など)
イ 障がいを持つ方(身体障害1・2級または療育手帳交付者)身体障害者手帳または療育手帳
ウ 妊娠中または産後12ヵ月以内の方母子健康手帳
エ 運転免許証自主返納者

運転経歴証明書

 

   制度の実施期間は?

 平成29年4月1日(土曜日)からです。
  

 利用条件は?

 この制度の継続には、皆様の適切な利用が必要不可欠です。以下の利用条件を守ってくださるようお願いします。

  1 町内での乗降車に限ります
  2 午前7時から午後7時までの乗車に限ります
    (注意:通院や緊急を要する場合は午後9時まで利用可とします)
  3 月16回まで利用できます(片道で1回と数えます)
    (注意:上限を超えた場合、個別にご連絡することがあります)
  4 遊興等目的の利用には助成できません
  5 タクシーを目的地で待機させることはできません
  6 駅から駅、バス停からバス停までの移動には助成できません
    

  利用にあたっての諸注意

 ・タクシーの台数には限りがあります。あらかじめご了承ください。
 ・「対象者証」は、家族であっても貸与や譲渡はしないでください。ただし「対象者証」を持つ本人との相乗りは可能です。

  ※介護タクシーについて
    介護保険適用の「介護タクシー」を利用する場合の運賃自己負担上限額は「50円」です。
    上記金額とは別に要する乗降介助の自己負担料は、これまでどおり97円です。
    要介護認定を受けた方がケアプランに基づいて介護タクシーを利用する場合に限ります。
    利用の仕方はこれまでの介護タクシーと同様です。契約事業者にご確認ください。

 

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。