ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 事業者 > 産業振興 > 融資・補助制度 > 小野町新卒者雇用促進奨励金

小野町新卒者雇用促進奨励金

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月1日更新

町の将来を担う新卒者の就職を応援します

目的

小野町での雇用の確保を図り、町の将来を担う高校、大学等の新卒者の就職を支援するため、さらには町内企業における人材育成を支援することで地域経済の発展を図るために本事業を実施します。

事業内容

平成29年9月1日までに下記1、2のいずれかに該当する新卒者(平成29年3月に高校または大学等を卒業した者)を雇用した町内企業に対して、雇用1名あたり30万円を奨励金として交付します。

  1. 県立小野高校の卒業生
  2. 1以外で、小野町に住んで働いている者

交付の条件等

  • 小野町内に本社または事業所、工場等を有する企業等(民間企業、NPO、社会福祉法人、農業法人等)であること。
  • 新卒者を対象とした求人をハローワークや各学校に提出し、その求人に基づいて正規雇用(期間の定めのない労働契約により雇い入れること。)していること。
  • 新卒者を正規雇用した日の前後6か月において、事業主都合による離職者がいないこと。
  • 正規雇用した新卒者が、雇用契約日の翌年3月1日の時点で6か月以上町内で働いていること。
  • 雇用保険等に加入すること。
  • 町税の滞納がないこと。
  • 風営法に基づく許可または規制の対象となる営業を行っていないこと。

※奨励金の交付を受けた企業を対象に、雇用した新卒者の就労が継続しているかどうかの追跡調査を行っておりますので、ご協力をお願いします。

奨励金交付までの流れ

  1. 平成29年12月25日までに交付申請書(第1号様式)と添付書類を提出
  2. 交付決定
  3. 平成30年3月10日までに実績報告書(第3号様式)を提出
  4. 交付額確定
  5. 交付請求書(第5号様式)を提出
  6. 奨励金の交付

  [申請書類の提出先] 企画政策課

様式等ダウンロード

※添付書類として町税の納税証明書が必要です。税務課で納税証明書を取得する際には社判もしくは会社からの委任状(様式は任意)が必要になりますのでご注意ください。

 既卒者・中退者について

 国で、学校等の既卒者や中退者の応募機会の拡大および採用・定着を図るため、既卒者等が応募可能な新卒求人の申し込みまたは募集を行い、採用後一定期間定着させた事業主に対して奨励金を支給する事業を実施しております。

詳細につきましては、こちらをクリックして、確認してください。


Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)