ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 企画政策課 > 【募集中!】令和元年度小野町地域おこし協力隊

【募集中!】令和元年度小野町地域おこし協力隊

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月31日更新

1 募集概要

募集チラシ

 小野町で、人や自然とふれあいながら、農業に携わってみませんか

 小野町は、自然豊かな環境でありながら交通アクセスにも恵まれた地であり、首都圏からの定住・二地域居住者を積極的に受け入れています。
 しかし、現在は人口減少や高齢化が加速しているうえ、震災後の風評被害等の払しょくもまだまだ道半ば…地域の活力の低下が心配されています。
 そこで、地域外の人材を誘致し、「外からの力」、「新たな視点」で地域を考え、地域活力の維持・強化を図るため、「小野町地域おこし協力隊」を下記のとおり募集します。

令和元年度小野町地域おこし協力隊募集要項

☆小野町地域おこし協力隊募集チラシのダウンロードはこちら!!

全体チラシ

全体

大規模農業経営

大規模農業経営への参画活動

農業・6次化

農業・6次化分野

情報発信

情報発信分野

健康づくり

健康づくり分野

移住支援・空き家活用

移住支援・空き家活用分野

2 募集人数

 5名

3 活動拠点

 小野町役場・派遣先団体を主とする。

4 活動内容

分野

募集人数

活動内容

選考に当たっての優遇条件

大規模農業経営への参画活動

1名

(1)大規模農業経営を行う集落営農組織や農業法人設立及びその運営への参画
(2)当該団体・法人の構成員として農業に従事
(3)未来の新しい農業経営・農業のあり方などの普及啓発活動

(1)農業経験者、農業機械の操作経験者
(2)小型・大型特殊免許、けん引免許取得者

農業・6次化(生産・加工・販売)

1名

(町長が適当と認める団体へ派遣)
(1)町の特産品「黒にんにく」の生産・加工・販売など一連の作業
(2)土づくりからこだわったミネラル栽培での野菜づくり
(3)町特産品、6次化商品の販売、PR等

(1)農業経験者、農業機械の操作経験者
(2)小型・大型特殊免許、けん引免許取得者
地域メディアなどを活用した情報発信

1名

(1)町公式ウェブサイトの編集、広報紙の作成(取材、記事編集)
(2)SNS(facebook等)による情報発信
(3)各種メディアによる町のPR、情報収集

(1)ウェブデザイン、ウェブページ制作会社等への勤務経験
(2)アドビ認定アソシエイト、Webクリエイター能力認定試験、ウェブデザイン技能検定当のウェブ制作系資格の合格者(資格取得者)

健康づくり

1名

(1)町内巡回による、住民健康状況の把握
(2)町民の健康維持・増進に向けた健康づくりサポート
(3)町保健師、栄養士と連携した運動・食事による健康づくり指導

(1)看護師、保健師、栄養士、管理栄養士等の資格取得者
(2)健康運動指導士等の資格取得者
(3)フィットネスクラブ等でのインストラクターとしての勤務経験

移住支援・空き家活用

1名

(1)移住コーディネート業務(移住・定住相談の受付、現地案内、SNS(facebook等)による情報発信)
(2)移住後のアフターフォロー業務
(3)空き家情報の収集
(1)不動産関係資格取得者
(2)住宅建築関係会社等への勤務経験

 5 募集対象

 〇 各分野に興味のある方
 〇 平成31年4月1日現在で、年齢が20歳以上55歳以下の方
 〇 心身ともに健康で誠実に職務を行うことができる方
 〇 3大都市圏をはじめとする都市地域等(過疎地域自立促進特別措置法(みなし過疎、一部過疎を含む)、山村振興法、離島振興法、半島振興法、奄美群島振興開発特別措置法、小笠原諸島振興開発特別措置法、沖縄振興特別措置法の対象になっていない地域。)から小野町に生活の拠点を移し、住民票を異動させることが可能な方または地域おこし協力隊として同一地域における活動経験が2年以上あり、かつ、解嘱から1年以内で、小野町への移住及び住民票の異動が可能な方(いずれの場合も委嘱前に既に小野町に住民票を移し、定住・定着している方は対象となりません。) 
 〇 小野町に1年以上居住でき、かつ、活動期間終了後も定住する意思のある方
 〇 パソコン操作(ワード、エクセル、インターネット、Eメール等)ができる方
 〇 普通自動車運転免許を有し、日常的な運転に支障のない方(※「大規模農業経営への参画活動分野、農業・6次化分野については、MT車を運転する可能性があるため、AT限定でないこと)
 〇 地域住民と積極的にコミュニケーションを図り、地域を元気にするために精力的に行動できる方
 〇 地域おこし協力隊の活動内容等の情報をSNS等で発信できる方
 〇 地方公務員法第16条に規定する公務員としての欠格事項に該当しない方
 〇 大規模農業経営への参画活動分野については、(1)集落営農、大規模経営、農業経営改革に積極的に取り組める方、(2)地域や集落との協調を図り、それらの調整を円滑かつ積極的に行える方

6 雇用形態

  地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号に規定する非常勤の特別職として委嘱します。
  (地方公務員法改正等により、雇用形態が変更となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。)

7 任期

  委嘱の日から令和2年3月31日までとします。その後は、町が認めた場合は1年ごとに委嘱期間を延長し、委嘱日から通算して3年まで延長できることとします。
  移住の準備等に時間を要する場合については、協議のうえ着任時期を決定することとします。

8 報酬

 月額180,000円

9 勤務条件

(1) 勤務日数・時間

  勤務日数は週5日とし、勤務時間は8時30分から17時15分までとします。
  なお、活動内容によっては週38時間45分以内に変更します。

 ※勤務時間以外の時間については、任期終了後の起業や定着に向けた自己研さん等に充てることができるものとします。(職務の公正の確保(地域おこし協力隊の本来業務に支障が出ないこと=職務専念義務が損なわれる恐れがないこと)、職員の品位の維持(地方公務員であることを自覚し企業等の職務に従事すること)を条件に、申請し許可された場合は、副業等を可とします。)

(2) 休日・休暇

  休日は原則、土曜日・日曜日・祝日とします。勤務の都合で休日を振り替えることがあります。

(3) その他

  町の一般職の例に準じます。

10 待遇・福利厚生等

 ○ 健康保険、厚生年金、雇用保険に加入します。
 ○ 任期中の住居は町が用意し、家賃は町が負担します。
    ※共益費や水道光熱費、通信料などの各種使用料や、引越しに要する経費は隊員の負担となります。
    ※生活備品等は各自でご準備ください。
 ○ 活動時に使用する車両及びパソコンは貸与します。燃料費は予算の範囲内で町が負担します。
 ○ 当町では生活や通勤の手段として自家用車は必要不可欠です。自家用車等の持ち込みをお勧めします。

11 申込受付期間

 令和元年9月30日(月)まで(当日の消印有効)

12 選考方法等

(1) 第1次選考(書類選考)

 小野町地域おこし協力隊応募用紙[PDFファイル/81KB]に必要事項を記入のうえ、履歴書を添付して小野町役場企画政策課まで提出してください。
 申込受付期間終了後に書類選考を実施し、結果を文書で通知します。

(2) 第2次選考(面接)

 第1次選考合格者については、面接による第2次選考を実施します。日時及び場所については、第1次選考結果通知時にお知らせいたします。

(3) 注意事項等

 ○ 応募に係る経費(面接時の交通費など)はすべて応募者の負担となります。
 ○ 応募書類は返却いたしません。
 ○ 選考の経過及び結果についての問い合わせには応じられませんので予めご了承ください。

13 申込受付先(郵送先)・問合せ先

 ◇◇◇お気軽にお問合せください◇◇◇

 〒963-3492
   福島県田村郡小野町大字小野新町字舘廻92番地
  小野町役場企画政策課
  電話:0247-72-6939
  Fax :0247-72-3121
  Eメール:kikakuseisakuka@town.ono.fukushima.jp

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)