ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 町政情報 > 施策・計画 > 町の計画 > 学校法人郡山開成学園と小野町との包括連携協定が締結されました

学校法人郡山開成学園と小野町との包括連携協定が締結されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月23日更新

地域発展のため相互に協力する体制を整備

集合写真

8月21日、小野町役場において、学校法人郡山開成学園と小野町との包括連携協定締結式が行われました。

協定式には、郡山開成学園から関口修理事長や影山彌郡山女子大学副学長などが出席し、大和田町長と協定書に署名をしました。

式中、大和田町長が「両者の連携により、町の人口減少対策に弾みがつくものと期待している。」と、また、関口理事長は「学問は実社会に適用されてこそ生きてくる。連携により地域発展に貢献したい。」とそれぞれあいさつを述べました。締結式には村上議会議長も出席し、祝辞を述べました。

郡山開成学園は、昭和22年に創立され、郡山女子大学、郡山女子大学短期大学部、附属高等学校、附属幼稚園などを擁し、地域の女子教育の拠点として多くの有用な人材を輩出しています。

協定では、相互の連携と協力により地域の課題に適切に対応し、活力ある地域社会の形成発展を目指すとしており、主な連携分野は次のとおり。

1 子育て環境の向上に関すること。

2 人材育成・人材確保に関すること。

3 健康栄養及び福祉の増進に関すること。

4 食の安全確保・食品開発に関すること。

5 地域創成に関すること。

6 その他協定の目的を達成するため必要な分野に関すること。

協定式1
署名の様子
協定式2
協定書に署名し握手する関口理事長(左)と大和田町長

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。