小野町公式ウェブサイト

■町の概要

◆町章

町章の画像

小野町の頭文字「小」を円形に図案化してるもので、町の飛躍的な発展と町民の融和団結を象徴したものです。庁舎落成を記念して、公募により制定しました。
(昭和35年5月制定)

◆町の花・木・鳥

▽町の花    つつじ
福島県立自然公園の高柴山は町の花『つつじ』の名所。
5月中旬、山頂は紅色爛漫です。

▽町の木    杉
町を代表する諏訪神社の神木翁杉・媼杉は国の天然記念物。
樹齢1200年を誇っています。

▽町の鳥     かっこう
町の鳥かっこうは、活力の象徴。
5月初めに飛来し、すがすがしい歌声を聞かせてくれます。

◆町民憲章

  1. 郷土を愛し、自然に親しむ平和な町にしましょう。
  2. 体力づくりに励み、健康で明るい町にしましょう。
  3. 熱意と誇りを持って働き、楽しい町にしましょう。
  4. 教育と文化を大切にし、知性豊かな町にしましょう。
  5. 互いに助け合い、心やすまる町にしましょう。
    (昭和54年8月制定)

◆概況

小野町は阿武隈山系の中部、田村郡の南部に位置。四方を標高700メートルを越える山々で囲まれています。
町の中央を太平洋に注ぐ右支夏井川が爽やかに流れ、これに沿って平坦地を形づくっています。
標高は市街地で400メートル。まわりを阿武隈高原中部県立自然公園に囲まれています。ここの北部高柴山にはヤマツツジ3万株の群生。東部矢大臣山にはアズマギクが群生し多くの観光客を集めており、これらを含め町内の3カ所が「福島緑の百景」に選定されるなど、優れた自然環境資源を誇っています。 

▽小野町の位置

◆アクセス

▽車をご利用の方
・川口Jct → 東北自動車道(198km):約2時間 → 郡山Jct → 磐越自動車道(39km):約30分 → 小野IC

・三郷Jct → 常磐自動車道(175km):約1時間50分 → いわきJct → 磐越自動車道(37km):約25分 → 小野IC

・仙台IC → 東北自動車道(131km):約1時間20分 → 郡山Jct →磐越自動車道(39km):約30分 → 小野IC

▽列車をご利用の方
・東京駅 → 東北新幹線:約1時間20分 → 郡山駅 → 磐越東線:約50分→小野新町駅

・仙台駅 → 東北新幹線:約45分 → 郡山駅 → 磐越東線:約50分→小野新町駅

・上野駅 → 常磐線:約2時間40分 → いわき駅 → 磐越東線:約45分→小野新町駅

 ◆人口(平成30年4月1日現在)

(福島県現住人口調査より )

◆気候

内陸性の気候で、山岳気候を呈する準高冷地です。

▽四季
・春
ソメイヨシノが夏井川流域両岸5キロメートルにわたって咲き誇ります。高柴山のヤマツツジがいっせいに花を咲かせ、山を真っ赤に染めます。

・夏
夏祭りが行われ、花火大会等で盛り上がります。町内のキャンプ場が賑わい、トマト・枝豆などのミネラル野菜がおいしい季節です。

・秋
夏井川渓谷の紅葉が美しい季節となります。福島県の重要無形民俗文化財に指定されている小野の獅子舞が奉納されます。

・冬
気温が下がり、澄んだ空気が町を覆います。星空が美しい季節です。町内にある小町温泉・湯沢温泉で体を温めることができます。

 ◆歴史

小野郷の地名は倭名抄(わみょうしょう)にある。以前は「七里ヶ沢」とよばれていたことが分かっている。はるか平安万葉の時代、桓武天皇の御世のこと。征夷大将軍として朝廷の命を受けた坂上田村麻呂の東征後、救民撫育使として当地方を治めた小野篁(おののたかむら)の名にちなみ付けられたという。ほかに小野六郷という呼称も残っている。

小戸神の東堂山満福寺は坂上田村麻呂の勧請として知られている。今も家畜の守護等で厚い信仰が持たれている東堂山は、かつてこの地方の馬産信仰の中心で、北関東から陸前の南部にかけて講中を持っていたという。
また仲町地区にある矢大神社は、小野篁を祭神とし、今なお人々の尊崇を集めている。小野篁によって教化された「おの文化」と産業の歴史は近世にいたっても藩政にしばられることなく、会津や三春とはまたひと味違った民衆文化として花開くのも、そのルーツは小野六郷の昔にあるといえよう。

現町名ばかりではない。町の夏を彩る風物詩たかむら踊りも小野篁の名にちなむものだ。
その篁の娘とされているのが、わがロマンの祖小野小町だ。小町は平安時代初期に活躍した女流歌人。紀貫之が古今和歌集で選んだ六歌仙のうちただひとりの女流としてあまりにも有名である。佐竹本「三十六歌仙絵巻」に載る小野小町は後ろ姿で描かれている。これは小野小町の美しさにより、画家をして描くのをためらわせたからだという。古今和歌集には十六首が収められ、また篁に連れられ京に去る小町の美しさに魅せられ振り返ったという片葉葦(町の数カ所に現存)のほか、百夜通いの深草の少将とのロマンスなどさまざまな逸話も伝わる絶世の美女だった。
小町は篁とこの地の長者の娘愛子(めずらこ)の間に生れた。それから1,200年。小町は今もふるさとの夢の中に息づいている。

◆自然

阿武隈山系の中心地に属し、田村郡の南部に位置する小野町。北に田村市、南にいわき市、西に郡山市・平田村と隣接しています。
町の中央を流れる右支夏井川。その川べりでは千本桜が美しい。ツツジの宝庫高柴山では山頂にかけて約3万株のヤマツツジが咲き乱れる。アズマギクが美しく咲く矢大臣山など心を彩る四季があります。

 ◆特産品

▽小野町の特産“ミネラル野菜”
小野町では、農協・農家の皆さんと一体となって、「健康な土づくり」と健康な土から栽培される「安全でおいしいミネラル野菜」の栽培に取り組んでいます。今、食べ物に微量ミネラルが不足していると言われています。それは、作物を育てる土に微量要素が少なく、バランスも悪くなり、不健康な状態になっているからだそう。
町では、農家の皆さんが「小野町ミネラル野菜部会」の会員となり、会員全員の畑や土の健康診断(土壌診断)を実施し、健康な土づくりに努めています。

町内の保育園の子どもたちに毎年、ミネラル栽培のほうれん草や枝豆が給食の食材として生産者からプレゼントされています。また、小学校の給食では定期的にミネラル野菜が食材として使われています。
「野菜嫌いの子どもが、ほうれん草を食べられるようになりました」との感想も寄せられています。



[0]小野町公式ウェブサイトトップへ
(c)小野町役場
〒963-3492 福島県田村郡小野町大字小野新町字舘廻92番地
Tel:0247-72-2111(代表)
メールでのお問い合わせ